会社売却のメリット

会社売却のメリット

適切なM&Aは、社長、企業、従業員に大きなメリットをもたらします。

メリット1 会社の存続

これまで会社や事業を育ててきた想いが強い社長ほど、会社を存続させたい想いも人一倍に持たれています。会社を存続させることができることが社長にとって一番のメリットであると考えます。会社が存続することにより、従業員の雇用も維持されます。

メリット2 廃業(清算)した場合に比べ、手取りが多くなる場合がある

その他のメリットは、会社を清算する場合との比較になります。会社を清算した場合に比べ、M&Aは社長の手取りが多くなる場合があります。理由としては課税制度、資産を清算価値ではなく継続価値で評価する点や魅力的な事業であればあるほど営業権が会社の価値として評価されるためです。

メリット3 仕入先や取引先との関係の継続

また清算手続きは煩雑であり、金融機関等からの借入金返済、各契約書関係の解約手続き、従業員の再就職支援、仕入先や取引先との関係解消に向けた手続き等があります。M&Aが成立すると連帯保証は解消され、仕入先や取引先との関係も継続し前向きな報告ができます。

企業のメリットは、相乗効果による事業の発展、信用力の向上等が挙げられます。