売却を検討中の経営者さまへ

売却を検討中の経営者さまへ

売却契約成立までの流れ

売却
企業側の準備
(無料)
 

会員登録

会社情報及び売却条件(売却理由、売却対象等)を記入し、会員登録を行います。登録料は無料です。

ファイナンシャルアドバイザー(FA)の選定

FA一覧の中から、本件に最適なFAをお選びください。FAの選定ポイントは、経営者さま自身との相性が良く、得意分野や実績から見て相手先との交渉力が発揮できるかどうかです。経営者さまにとって有利な価格や条件で交渉をおこなうための経験や知見などをM&Aプラスの登録情報から参考にしてください。

 
ファイナンシャル
アドバイザー
(FA)の交渉
 

事前準備

M&Aを進める前に、売却可能な状態かどうかを調査するための事前準備が必要です。まずは、会社の事業、組織や財務等に関する資料をもとに売却の可能性を判断します。社長が退任した状態でも事業が継続できるかどうか、株主がチェンジした場合、取引先等の利害関係者への影響度を確認します。

交渉準備

問題なくM&Aを進めることが確認できた後、FAとアドバイザリー契約書を締結し交渉の準備を進めていきます。まずは、事業や財務に関する資料をもとに分析することにより、売却価格の計算やリスクの洗い出し等をおこないます。売手情報を記載したインフォメーションメモランダム(IM)を作成します。IMには買手が初期的検討をおこなうための会社概要、事業内容、手法、財務データ等が記載されています。

ティーザー(匿名情報)の掲載(会員のみ閲覧可能)

交渉準備が完了した後、売手情報の一部が公開されます。M&Aプラスでは、企業が特定されないように匿名で掲載され、また情報漏えいに配慮し、M&A専門家のみが閲覧でき、アクセス制限によって閲覧者が管理されています。旧来型のM&Aではノンネームシートと呼ばれる売手情報が記載された紙媒体が不特定多数に配布されるといったリスクがありましたが、M&Aプラスでは情報の拡散範囲は制限され、またその状態を確認することができます。

マッチング

FAが経営者さまに代わり、全国の買手案件データベースを利用し、最適な買手を探しマッチングをおこないます。 また、全国の買手FAから、マッチングを希望するメッセージが届くことも期待できます。

秘密保持契約書の締結

マッチング後、売手と買手との間で秘密保持契約書を締結し、初めて買手に売手の企業名等の具体的な情報が開示されます。具体的な情報をもとに、買手は交渉のステージに進むかどうかを検討します。

交渉開始~成約

M&Aプラス事務局では、M&Aプラスを利用した仲介業務を禁止しておりますので、売手FAは経営者さまにとって有利な価格や条件で交渉を進めることになるでしょう。
なお、標準的にFAは下記の各種手順に従い交渉を進めていきます。

  • 条件交渉支援
  • 基本合意書の締結支援
  • 企業調査の実施
  • 最終合意に向けた交渉支援
  • 最終契約書の締結支援
  • クロージング