会社の成長戦略を自前で描くか、M&Aで実現するかは重要な経営判断です。
M&Aによる企業買収で実現する場合のメリットを理解し、実りある成長戦略を描きましょう。

縦線

01既存事業の成長加速

引用枠

外部から新しいノウハウやリソースを取り込むことにより、飛躍的な事業の成長の土台ができます。

引用枠

一般的に内部成長は、人材採用、研究開発、新規顧客獲得等に多大な時間とコストを費やします。M&Aによって外部成長を取り込むことにより、違った観点から成長の加速を検討することができます。

既存事業の成長加速 イメージ写真
縦線

02新規参入リスク軽減

引用枠

新しい事業領域に参入するとき、既に実績のある会社を取り込むことで、参入リスクの軽減が期待できます。

引用枠

新規事業のように0から1を生み出すことはリスクも高く、当初の計画どおりに進むかどうかはわかりません。M&Aの場合、すでに人的資産を含めて事業推進に必要な資産が整っていることが期待され、また過去実績を参考に計画を立てることができるため、新規事業への参入に伴うリスクの軽減が期待できます。

新規参入リスク軽減 イメージ写真
縦線

03シナジー効果の創出

引用枠

仕入れ先に対する交渉力が向上。そして、新たな販売ルートを獲得するなどシナジー効果が期待できます。

引用枠

一般的に内部成長は、人材採用、研究開発、新規顧客獲得等に多大な時間とコストを費やします。M&Aによって外部成長を取り込むことにより、 違った観点から成長の加速を検討することができます。

シナジー効果の創出 イメージ写真
縦線

買収成功のポイント

ポイント1 
「企業文化」の理解と対策

M&A成功のポイントとして、「企業文化」の理解が重要です。買収後の事業運営が失敗に至るケースとして、買収先の「企業文化」を理解せずに買手企業の方針を採用し、従業員やステークホルダーが急な環境の変化に対応できず、思った収益が見込めなくなるケースがあります。買収先の前経営陣には一定期間、経営に関与していただくような対応も検討し、企業文化やステークホルダーとの関係性等の目に「見えない資産」を承継することがポイントです。

ポイント2 
「売却価格」と「企業価値評価」の違い

M&Aを進めるにあたり、ファイナンシャルアドバイザー(FA)により、売却対象会社の「企業価値評価」を算出します。企業価値の評価方法は、その時点で入手できる限定的な情報から算出される「理論値」です。理論値を参考にしながらも、最終的には売手と買手の意思により「相対で売買金額」が決定されます。買手企業は、M&Aを実施する際に株主を含む利害関係者への説明責任がより一層強まっていますので、企業価値評価を行う際には、売買金額が適切な範囲内であるか、複数の手法を用いて十分に検討することが必要です。

ポイント3 
「企業戦略」の策定と「ターゲット」の明確化

買手の中には、具体的な狙いが定まっていない状態で、関連性のない会社をM&A業者に提案され、結果的に買収後の事業運営に失敗しているケースがあります。M&Aを検討する前に、自社の「企業戦略」を設定したうえで、M&Aで獲得すべき資産は何かを明確にすることが重要です。ターゲット設定の方法は、大きく分けて2つあります。一つは改善余地のある企業を安く買い、自社のノウハウを活かし企業価値を上げる。もう一つは、独自の魅力的な資産やノウハウを有する企業を適切な価格で買い、自社の既存事業の価値を高めることです。

サービスの特徴

「M&Aプラス」サービスの特徴をご紹介します。

詳しくはこちら

料金プラン

「M&Aプラス」の料金体系をご紹介します。

詳しくはこちら