初めての方へ
Beginner’s Guide

会社も事業も活きているのに、後継者がいないから廃業せざるを得ない。
そんな嘆きの声が、全国の中小企業オーナーから多く聞こえてきました。この日本が抱える社会問題を何とかしたい。

その強い想いと使命感から「M&Aプラス」は生まれました。

M&Aプラスの想い

主に地方を中心に活躍する経営者の皆さまから、後継者不在の問題を解決する為にM&Aを検討したいが、「誰に相談して良いかわからない」という声や、全国のM&A専門家(※)から「県外企業のM&Aニーズを知りたい」といった声が多く寄せられました。

そこでデロイトトーマツグループは、全国の金融機関、弁護士、公認会計士、税理士やM&A専会社と連携し、M&Aマッチングプラットフォーム「M&Aプラス」を立ち上げました。豊富な情報量をもとに、より公平でスピーディーに、そしてリーズナブルに皆さまのM&Aの実現を支援します。

(※)M&Aをサポートする専門家のこと。主に金融機関、法律事務所、会計事務所、M&A専門会社等に方々を指す。以下「FA」と表記する。

※1:M&A 案件をサポートする専門家のことで、金融機関、法律事務所、会計事務所、M&A専門会社等にお勤めの方を指す。以下、FA と表記する。

売却を検討中の経営者さまの
3つのメリット

01

会社を存続させる

後継者問題を解決し、あなたの会社を存続させる手段のひとつです。

02

廃業より
多くの収入を得る

会社を清算するより、M&Aの方が手元に残る収入が多くなる場合があります。

03

先行き不安解消、取引先との関係継続

経営者が抱える漠然とした先行き不安。M&Aが成立すると経営者の連帯保証は解消されます。取引先との関係継続も期待できます。

買収を検討中の企業さまの
3つのメリット

01

既存事業の成長加速

外部から新しいノウハウやリソースを取り込むことにより、飛躍的な成長曲線を描く土台ができます。

02

新規参入リスク軽減

新しい事業領域に参入するとき、既に実績のある会社を取り込むことで、参入リスクの軽減が期待できます。

03

シナジー効果の創出

例えば、仕入れ先に対する交渉力が向上し、単価の減額や重複する購買機能を削減できます。また、新たな販売ルートを得るといった「シナジー効果」が期待できます。

M&Aプラスと他社の違い

入会条件 マッチング プロセス管理 公正な取引
他社 審査なし ×
M&Aプラス 入会審査あり

入会条件:会員登録前には、M&Aプラス事務局による厳正な入会審査を行い、信頼できる会員のみご入会いただきます。

マッチング:マッチング成立に当たって売手FA、買手FA同士が交渉に値すると判断したうえで、売手/買手オーナーの承認を頂きます。

プロセス管理:売手/買手が交渉に合意してから、取引きが完了するまでのM&Aの業務プロセスをシステム上で可視化します。

公正な取引:売手/買手の両方から手数料を受領する「仲介行為を禁止」します。必ず双方に担当FAをつけることで公正な取引きを推進します。